2020年8月23日【NST賞】終了時点までのデータをもとに、ノーワンの好走パターンを分析。(ダートを除く)

ノーワンの距離適性

ノーワンはこれまでに芝1200m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(0-0-0-1)
  • 芝1200m(0-0-0-2)
  • 芝1400m(1-0-0-4)
  • 芝1600m(1-0-2-3)
  • 芝1800m(0-0-1-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

ベストは1200m、1400mあたりではないか?

ノーワンの脚質

良い走りをしているレースは、「差し」「追い込み」など終いを生かす競馬。

ノーワンのコース適正

ノーワンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-1-1)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 京都(1-0-2-3)
  • 阪神(1-0-0-4)

まだ特徴がつかめない。

ノーワンの持ち時計(ベストタイム)

ノーワンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1000m:0.55.6 13着(新潟)
  • 芝1200m:1.07.8 8着(中山)
  • 芝1400m:1.20.4 5着(阪神)
  • 芝1600m:1.33.7 13着(阪神)
  • 芝1800m:1.49.0 3着(京都)
  • 芝2400m:2.26.7 18着(東京)

高速決着、高速馬場は不向きだろう。

ノーワンの重馬場適正

ノーワンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-2-3)
  • 重(0-0-0-1)

2019年「フィリーズレビュー(G2)」は稍重での勝利。

ノーワンの鉄砲実績(休み明け)

ノーワンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-2)

負けてはいるが、3歳で参戦したG1「スプリンターズS」は約4ヵ月ぶりで、0.7差の8着。内容は悪くなかった。

ノーワンの評価

アテにじずらいムラっぽさはあるが、いつか走ってきそうな穴気配は感じる。

ノーワンの次走

次走は9月13日、中京競馬場 芝1200mで行われる「セントウルS(G2)」。

ハンデ戦ならともかく、別定戦のここでは厳しいだろう。

 

その他、セントウルSの出走馬を分析