2022年9月10日【紫苑S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ニシノラブウインクの好走パターンを分析。

ニシノラブウインクの距離適性

ニシノラブウインクはこれまでに芝1600~2400mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-2-2-1)
  • 芝1800m(0-1-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

2000m前後は大丈夫か?

ニシノラブウインクの脚質

前目にポジションを取って、押し切る競馬がよさそう。

パワーを要するコース、展開で浮上か?

ニシノラブウインクのコース適正

ニシノラブウインクの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-1-0)
  • 東京(1-1-1-1)
  • 中山(0-2-0-2)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

ニシノラブウインクの持ち時計(ベストタイム)

ニシノラブウインクの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.3 2着(東京)
  • 芝1800m:1.48.6 2着(中山)
  • 芝2000m:2.00.2 6着(中山)
  • 芝2400m:2.25.0 8着(東京)

ニシノラブウインクの重馬場適正

ニシノラブウインクの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

緩い馬場は走ってきそう。


ニシノラブウインクの鉄砲実績(休み明け)

ニシノラブウインクの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ニシノラブウインクのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-1-0-0)
  • 中3~5週(0-1-0-0)
  • 中6~8週(1-0-1-1)

ニシノラブウインクの枠順適正

ニシノラブウインクの馬番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-2)
  • 5~9番(0-2-1-0)
  • 10~14番(1-0-1-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ニシノラブウインクの斤量別着度数

  • 54キロ(1-3-2-2)
  • 55キロ(0-0-0-1)

ニシノラブウインクの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-2-0)
  • 9~11月(秋):(1-2-0-1)

ニシノラブウインクの好走体重

3着以内の体重は;

  • 452~462キロ

ニシノラブウインクの血統背景

父はエピファネイア(ロベルト系/菊花賞、ジャパンカップ、日本ダービー2着、皐月賞2着)。

母の父はアグネスタキオン(サンデー系/皐月賞)。

ニシノラブウインクの評価

未勝利脱出までに5戦を要したが、3戦目の中山 芝1600mでの未勝利戦は、のちの「阪神JF」の優勝馬サークルオブライフの2着。

堅実な馬だけに、同じような力関係なら、善戦してくる可能性はある。

ニシノラブウインクの前走

22/3/21 フラワーC(G3)

中山 芝1800m 良

着順:2着(1.48.6・0.1差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向き、直線は坂の上りで抜け出しかけたが、スタニングローズも食らいついてくる。

結局ゴール前、半馬身交わされて惜しい2着。

これまでは中団に控える競馬だったが、今回は先行策。

これがうまくはまった感じ。

距離はこれくらいの方がいいかも。

2022年 フラワーカップG(G3)のラップ分析&回顧

22/5/22 優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良

着順:8着(2.25.0・1.1差)

騎手:三浦皇成(55キロ)

【レース前寸評】

基本的にパワー系の馬だと思うので、オークスのレースの質とは少しズレがある。

しかし、馬場が渋ったりして展開がパワー系に振れれば、堅実な馬だけに、上位食い込みの可能性も残す。

【結果】

外枠17番からハナへ。

中盤で息を入れ、残り800mあたりから徐々にペースを上げて行く。

直線に向いても、後続に2~3馬身の差をつけて押し切りを計り、坂を上りきるあたりまでは何とか先頭で踏ん張っていたが、残り200mを切って後続に交わされて行った。

最後の失速は距離だろう。

ナイストライ!といっていいような内容。

よく頑張っている。

2022年 優駿牝馬(オークス・G1)のラップ分析&回顧

22/9/10 紫苑S(G3)

中山 芝2000m(内)良

着順:6着(2.00.2・0.3差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

【レース前寸評】

前走ではしっかりと力は示した。

ここでも積極的な競馬ができれば、善戦は可能。

【結果】

道中は中団6~7番手。

4角は4番手で直線に向き、直線も坂の上りでグイッと一瞬伸びたような気はしたが、大した伸びではなかった。

序盤は少し行きたがっていたような素振り。

折り合い重視は分かるが、どうしてあそこまで控えるのだろう?

前走は逃げていい内容だっただけに、少し残念。

2022年 紫苑S(G3)のラップ分析&回顧