2021年2月28日【阪急杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、メイショウチタンの好走パターンを分析。

メイショウチタンの距離適性

メイショウチタンはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-3)
  • 芝1400m(4-1-0-5)
  • 芝1500m(0-0-1-0)
  • 芝1600m(0-0-0-3)

1200mのペースでは少し速くて上りが持たない。

1600mのペースでは遅すぎて道中引っかかる。

1400mあたりが丁度いいようだが、それでもかなり乗り難しそう。

メイショウチタンの脚質

先行押し切り。

そこそこのスピード勝負にも対応できる。

スピードはあるが引っかかる不安は常にある。

前に壁を作ってレースを進めたい。

ゴール前のキレと言う点ではイマイチなので、あまり道中の順位を下げたくはない。

かと言って前に出し過ぎると道中力んで終いに響く。

ここらへんが難しいところだが、うまく噛み合えば、芝1400mならOPクラスでもそこそこ走りそう。

メイショウチタンのコース適正

メイショウチタンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-1-0)
  • 函館(0-0-0-2)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(未)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(0-0-0-2)
  • 阪神(3-1-0-5)
  • 小倉(0-0-0-1)

阪神巧者。ホームグラウンドは阪神芝1400m。

メイショウチタンの持ち時計(ベストタイム)

メイショウチタンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.09.5 11着(小倉)
  • 芝1400m:1.19.8 6着(阪神)
  • 芝1600m:1.33.5 11着(東京)

1400mならスピード勝負でも対応できそう。

メイショウチタンの重馬場適正

メイショウチタンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(0-0-0-1)

重馬場で勝ち鞍はあるが、メンバーレベル、走破時計ともにレベルは低かった。

道悪、荒れた馬場はあまり得意ではないような印象。


メイショウチタンの鉄砲実績(休み明け)

メイショウチタンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(2-0-0-4)

現状のデータでは、叩き良化型と言うことになる。

メイショウチタンの枠順適正

メイショウチタンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-3)
  • 5~9番(2-0-1-5)
  • 10~14番(2-0-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

前に壁を置きたいタイプなので、あまり外すぎるのは良くないかも。

メイショウチタンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-3)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-3)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-3)

メイショウチタンの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-1)
  • 54キロ(1-0-1-4)
  • 55キロ(1-0-0-3)
  • 56キロ(1-1-0-2)
  • 57キロ(0-0-0-1)

メイショウチタンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 456~472キロ


メイショウチタンの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父は1997年の「朝日杯3歳S(G1)」2着、1998年の「スプリンターズS(G1)」1着のマイネルラヴ(ミスプロ系)

メイショウチタンの前走

21/2/26 阪急杯(G3)

阪神 芝1400m 良

着順:6着(1.19.6・0.6差)

騎手:幸英明(56キロ)

道中は中団。

4角も中団の7番手で直線に向き、直線は馬群の中から追い上げてくるが、前との差は詰まらず6着まで。

しかし2着のミッキーブリランテとは0.3差。

勝ったのはレシステンシアでタイムはレコード。

古馬重賞初挑戦としては頑張った方だろう。

2021年 阪急杯(G3)のラップ分析&回顧

メイショウチタンの次走

次走は4月3日(土)、中山競馬場 芝1600mで行われる「ダービー卿チャレンジT(G3・ハンデ)」。

久々の1600mの距離。

折り合いさえつけば、ハンデが54キロでもあり、面白い存在だと思うが・・・。

穴っぽい雰囲気はある。

 

その他、ダービー卿CT(G3)の出走馬を分析