リューベックのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

リューベックのここまでの走り

21/7/18 2歳新馬

函館 芝1800m 良

着順:1着(1.51.4・-0.3差)

騎手:吉田隼人(54キロ)

7枠7番からハナへ。

道中はスローのマイペース。

4角は後続に1馬身の差をつけて直線。

直線も危なげなく先頭をキープして、最後は2馬身差の快勝。

平均的な勝ち上がり。

21/9/4 札幌2歳S(G3)

札幌 芝1800m 良

着順:6着(1.50.5・1.4差)

騎手:横山武史(54キロ)

1枠1番から出遅れたが、二の脚で先団に取りついて道中は3番手。

4角も3番手で直線に向くが、直線では残り200mで失速。

スタート前、ゲート内で立ち上がったりして少しエキサイトしていた感じ。

それにしても敗けすぎの感あり。

逃げてこその馬か?

22/1/22 若駒S(3歳OP・L)

中京 芝2000m 良

着順:1着(2.02.2・-0.2差)

騎手:池添謙一(56キロ)

5枠5番から、1枠1番のリアドとハナを競うが、2角を過ぎたあたりからは先頭。

4角も先頭で直線に向き、直線は早々にグランディアに交わされるが、坂の上りで盛り返して先頭、あとは押し切って1馬身1/4差のゴール。

道中のペース自体は緩かったが、最後の直線はしぶとさを見せた。

22/3/6 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 良

着順:6着(2.01.1・0.6差)

騎手:池添謙一(56キロ)

3枠3番からハナに立つ。

4角も先頭で直線に向くが、直線入口では2番手追走のアスクビクターモアに並びかけられる。

坂下までは内ラチ沿いでなんとか粘ってはいたが、坂の上りで後続に呑み込まれた。

特に内が伸びない馬場でもなかったが、この流れで0.6差の6着ということは、まだちょっと力が足りないのだろう。


リューベックの脚質

逃げて持ち味を発揮しそうな馬。

ただし、勝ったレースはどれも緩めの前残り。

先行力は評価できるが、まだ実力のほどはOPクラスに足りていない感じ。


リューベックの血統背景

父はハービンジャー(ND系デインヒル)。

ハービンジャーは欧州で走り、2010年のキングジョージⅥ世&QES(G1)で勝利。主戦場は芝のクラシックディスタンス。

母の父はスペシャルウィーク(サンデー系/日本ダービー、春天、秋天、ジャパンカップ)。

全姉にディアドラ(秋華賞、ナッソーステークス)。

母方の7代前、ラヴァント(Lavant)を祖とする牝系は、各国に重賞ウイナーを輩出する名門牝系。

近親にはロジユニヴァース(日本ダービー)。遠い近親にはメジャーエンブレム(阪神JF、NHKマイルC)など。

次走、ニュージーランドT(G2)に向けて

次走は4月9日(土)、中山競馬場 芝1600mで行われる「ニュージーランドT(G2)」。

距離短縮で挑む一戦。

あまり向かないようにも思うが、相手関係が薄いだけに、前にいれば何が起こるか分からない。