2022年8月28日【キーンランドC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ロードマックスの好走パターンを分析。

ロードマックスの距離適性

ロードマックスはこれまでに芝1200m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-0-0-1)
  • 芝1400m(1-1-0-2)
  • 芝1600m(1-0-0-5)
  • 芝1800m(0-0-0-1)

良いのは短距離っぽい。

ロードマックスの脚質

出遅れが多い馬で、位置取りは後方からになることが多い。

脚質としては道中控えて終いを生かす競馬。

後ろからなのでレースの上りはかかった方がいいだろう。

展開が嵌れば、その末脚は強烈。

ロードマックスのコース適正

ロードマックスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-1-0-2)
  • 中山(未)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-0-2)
  • 小倉(未)

ロードマックスの持ち時計(ベストタイム)

ロードマックスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.09.2 1着(札幌)
  • 芝1400m:1.20.3 1着(阪神)
  • 芝1600m:1.32.3 5着(東京)
  • 芝1800m:1.48.9 7着(函館)

速い時計は向かないようなデータ。

ロードマックスの重馬場適正

ロードマックスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(1-0-0-0)

上りのかかる道悪はむしろ歓迎。


ロードマックスの鉄砲実績(休み明け)

ロードマックスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

「NHKマイルC」のあと、「白秋S」のあとの休養は骨折によるもの。

ロードマックスのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-3)
  • 中3~5週(0-0-0-1)
  • 中6~8週(0-0-0-2)

ロードマックスの枠順適正

ロードマックスの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(0-0-0-1)
  • 10~14番(1-0-0-4)
  • 15~18番(1-1-0-3)

ロードマックスの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(1-1-0-2)
  • 56キロ(0-0-0-5)
  • 57キロ(1-0-0-1)

ロードマックスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-2)
  • 3~5月(春):(1-0-0-3)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(0-1-0-1)

ロードマックスの好走体重

3着以内の体重は;

442~450キロ

ロードマックスの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父はドバウィ(ミスプロ系)。

ドバウィは欧州で走り、芝のG1を2勝。主戦場は芝の7F(約1400m)~8F(約1600m)。

キーンランドカップ(G3)の結果

【レース前寸評】

前走は千二に対応できたというよりも、展開と外差しが効いたことが大きい。

ここでも、展開が向けば飛んで来る。

【結果】

道中外々を回って、4角も大きく膨らんだ大外から直線。

直線では脚は使えなかった。

展開は向かなかったが、脚も出せていないところを見ると、中1週のローテが堪えていたのかもしれない。

2022年 キーンランドカップ(G3)のラップ分析&回顧