2020年10月25日【菊花賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、レクセランスの好走パターンを分析。

レクセランスの距離適性

レクセランスはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(1-0-0-1)
  • 芝2200m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

ベストは2000m前後の中距離か。

レクセランスの脚質

前目の好位につけて、最後は押し切る競馬で好走している。

終いを伸ばすような競馬では凡走。

切れ味と言うよりはスピード持続型だろう。

レクセランスのコース適正

レクセランスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(2-0-0-1)
  • 阪神(1-0-0-0)

右回りでは内に刺さる。

スムーズに走れるのは左回り。

レクセランスの持ち時計(ベストタイム)

レクセランスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.50.9 1着(京都)
  • 芝2000m:2.02.1 11着(中山)
  • 芝2200m:2.12.7 1着(阪神)
  • 芝2400m:2.25.7 15着(東京)
  • 芝3000m:3.09.2 16着(京都)

適条件が左回りの中距離ならば、まだ本当の強さが分からない。

レクセランスの重馬場適正

レクセランスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

レクセランスの鉄砲実績(休み明け)

レクセランスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

レクセランスの枠順適正

レクセランスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-3)
  • 5~9番(2-0-0-0)
  • 10~14番(0-0-0-1)

レクセランスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

レクセランスの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(2-0-0-1)
  • 57キロ(0-0-0-3)

レクセランスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 484~490キロ

レクセランスの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父は シャンゼリゼ(ND系デインヒル)。

シャンゼリゼは欧州、カナダ、米国で走り、芝のG1を3勝。主戦場は中距離~2400m。

レクセランスはまだキャリア6戦だけなので、ここまでの走りをふり返る。

レクセランスのここまでの走り

19/10/20 2歳新馬

京都 芝1800m 稍重 13頭

着順:1着(1.50.9・アタマ差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中中団から直線は外に出して追い出すが、かなり内に刺さる馬のようで、川田騎手が必死に矯正しようとしている姿がパトロールビデオで見て取れる。

しかしそれでも勝つのだから能力は凄いのかもしれない。

20/1/5 福寿草特別(3歳1勝)

京都 芝2000m 良 7頭

着順:1着(2.03.5・クビ差)

騎手:川田将雅(56キロ)

7頭立ての最後方から。

向正面で順位を上げて行き、4角では3番手で直線。

直線は馬場の内目からジワジワと先頭との差を詰めて行き、ゴール前できっちり差し切った。

レース内容自体は超スロー。

強調材料はあまりない。

20/3/1 すみれS(3歳・L)

阪神 芝2200m 良 6頭

着順:1着(2.12.7・クビ)

騎手:川田将雅(56キロ)

1頭取り消しで5頭立ての小頭数。

道中は最後方から、先頭との差は7~8馬身。

4角は大外を回して直線に向き、馬場の外目をジワジワ伸びて、ゴール前でアリストテレスをクビ差交わしてゴール。

ペースはこのクラスとしては、中盤はかなり締まったペースになっていて、走破時計も優秀。

開幕週で馬場が速いのを考慮にいれても評価できる内容だろう。

直線はまだまだ内に刺さるのを、ジョッキーが修正しながら追ってる感じなので、まともに走ればまだまだ上積みはある。

20/4/19 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重 18頭

着順:11着(2.02.1・1.4差)

騎手:北村友一(57キロ)

スタート行き脚がつかず後方から。

4角も13番手で、直線も見せ場なし。

やはり内にモタれるみたいで、このクラスでは、右回りでは力が出せない。

2020年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

20/5/31 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:15着(2.25.7・1.6差)

騎手:石橋脩(57キロ)

道中は後方。

直線も後方から伸びず。

距離も長そうだが、まだまだこのクラスは荷が重い。

2020年 東京優駿(日本ダービー)のラップ分析&回顧

20/9/27 神戸新聞杯(G2)

中京 芝2200m 良

着順:7着(2.13.4・0.9差)

騎手:松山弘平(56キロ)

スタートは寄られる不利もあったが、道中は控えて後方のイン。

3~4角で少し順位を上げ、4角は10番手の内。

直線は内ラチ沿いをそれなりに伸びてはくるが、上位を窺うところまでは行けない。

終始経済コースで、直線も内から追い上げたが、それでも0.9差の7着。

このクラスではまだ力が足りない感じ。

2020年 神戸新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

20/10/25 菊花賞(G1)

京都 芝3000m(外)良

着順:16着(3.09.2・3.7差)

騎手:松山弘平(57キロ)

道中は好位で追走も、3~4角で早くも力尽きたようす。

2020年 菊花賞(G1)のラップ分析&回顧

レクセランスのここまでの評価

適距離が中距離、2200mくらいまでで、左回りの方が走りやすいとなると、まだ適コース、適距離ではレースをしていないことになる。

デビューからの3連勝が能力だけで走っていたとすると、まだまだ上積みが期待できる・・・かもしれない。

レクセランスの次走

次走は1月17日(日)、中京競馬場 芝2200mで行われる「日経新春杯(G2・ハンデ)」。

初めての適コース、適距離。

未知の魅力を秘めてはいるが、どうか。

 

その他、日経新春杯(G2)の出走馬を分析