2022年5月8日【新潟大賞典】終了時点までのデータをもとに、ラストドラフトの好走パターンを分析。

ラストドラフトの距離適性

ラストドラフトはこれまでに芝1800m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(1-1-0-8)
  • 芝2200m(0-0-2-1)
  • 芝2500m(0-1-0-2)

現状では中距離だが、道中のペースが落ち付きやすい長目の距離の方が良さそうな感じ。

ラストドラフトの脚質

先行押し切り、中団からの抜け出しが好走時の脚質。

ただし、道中のペースが締まってくると上りの脚に影響が出てくる傾向。

なので、中距離よりも、それ以上の距離の方がペース的には合ってそう。

ただし、キレる脚は期待できないので、上りの速い競馬、最後の直線でキレを求められる競馬には不向き。

レースの上り時計はかかるに越したことはない。

以上のことを踏まえて、道中は中団あたりにはいたいが、近走ではズブくなってポジションが取れない競馬が続いている。

ラストドラフトのコース適正

ラストドラフトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-1-0-3)
  • 中山(1-0-2-5)
  • 中京(0-1-0-3)

まだコースによる巧拙は判断できないが、関西圏への遠征は未経験。

ラストドラフトの持ち時計(ベストタイム)

ラストドラフトの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.1 13着(1.3差・東京)
  • 芝2000m:1.58.3 7着(0.6差・新潟)
  • 芝2200m:2.13.6 10着(0.9差・中山)
  • 芝2500m:2.31.8 2着(0.2差・東京)

速い馬場、時計勝負には向かない。

ラストドラフトの重馬場適正

ラストドラフトの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-0-1)
  • 稍重(0-0-1-1)
  • 不良(0-0-1-0)

道悪はこなすが、道悪によって道中のペースが緩むことの方が、この馬にとってはプラスだろう。


ラストドラフトの鉄砲実績(休み明け)

ラストドラフトの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-2-0-2)
  • 3戦目(0-0-1-1)
  • 4戦目(0-0-0-2)
  • 5戦目~(0-0-0-2)

叩いてからか。

ラストドラフトのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-1)
  • 中3~5週(0-0-0-4)
  • 中6~8週(1-2-1-4)

ラストドラフトの枠順適正

ラストドラフトの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-1-3)
  • 5~9番(1-1-1-2)
  • 10~14番(0-0-0-7)
  • 15~18番(未)

内枠に入って、少なくとも中団か、それより前のポジションが欲しい。

ラストドラフトの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-2-2)
  • 3~5月(春):(0-0-0-6)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-4)

ラストドラフトの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(1-1-1-0)
  • 56キロ(1-1-1-6)
  • 57キロ(0-0-0-3)
  • 58キロ(0-0-0-1)

斤量には敏感な感じ。


ラストドラフトの好走体重

3着以内の体重は;

  • 454~464キロ

ラストドラフトの血統背景

父はノヴェリスト(傍流・重厚なドイツ血統)

ノヴェリストは欧州で走り、「キングジョージⅥ&クイーンエリザベスステークス 」、「バーデンン大賞」などG1を4勝。主戦場は芝2400m。

母は2011年の「桜花賞馬」マルセリーナで、重賞勝ちは芝2000m(13年「マーメイドS」)まで。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬3冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

次走、目黒記念(G2・ハンデ)に向けて

次走は5月29日(日)、東京競馬場 芝2500mで行われる「目黒記念(G2・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

近走を見る限り、ここで激走する材料がない。

 

⇒その他、目黒記念(G2)の出走馬を分析