2022年3月26日【日経賞】終了時点までのデータをもとに、ラストドラフトの好走パターンを分析。

ラストドラフトの距離適性

ラストドラフトはこれまでに芝1800m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(1-1-0-7)
  • 芝2200m(0-0-2-1)
  • 芝2500m(0-1-0-2)

現状では中距離だが、道中のペースが落ち付きやすい長目の距離の方が良さそうな感じ。

ラストドラフトの脚質

先行押し切り、中団からの抜け出しが好走時の脚質。

ただし、道中のペースが締まってくると上りの脚に影響が出てくる傾向。

なので、中距離よりも、それ以上の距離の方がペース的には合ってそう。

ただし、キレる脚は期待できないので、上りの速い競馬、最後の直線でキレを求められる競馬には不向き。

レースの上り時計はかかるに越したことはない。

道中は中団馬群より前にはいたい。

ラストドラフトのコース適正

ラストドラフトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-1-0-3)
  • 中山(1-0-2-5)
  • 中京(0-1-0-3)

まだコースによる巧拙は判断できないが、関西圏への遠征は未経験。

ラストドラフトの持ち時計(ベストタイム)

ラストドラフトの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.1 13着(1.3差・東京)
  • 芝2000m:1.58.9 8着(1.0差・東京)
  • 芝2200m:2.13.6 10着(0.9差・中山)
  • 芝2500m:2.31.8 2着(0.2差・東京)

速い馬場、時計勝負には向かない。

ラストドラフトの重馬場適正

ラストドラフトの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-0-1)
  • 稍重(0-0-1-1)
  • 不良(0-0-1-0)

道悪はこなすが、道悪によって道中のペースが緩むことの方が、この馬にとってはプラスだろう。


ラストドラフトの鉄砲実績(休み明け)

ラストドラフトの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-2-0-2)
  • 3戦目(0-0-1-1)
  • 4戦目(0-0-0-2)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

叩いてからか。

ラストドラフトのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-1)
  • 中3~5週(0-0-0-3)
  • 中6~8週(1-2-1-4)

ラストドラフトの枠順適正

ラストドラフトの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-1-3)
  • 5~9番(1-1-1-1)
  • 10~14番(0-0-0-7)
  • 15~18番(未)

内枠に入って、少なくとも中団か、それより前のポジションが欲しい。

ラストドラフトの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-2-2)
  • 3~5月(春):(0-0-0-5)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-4)

ラストドラフトの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(1-1-1-0)
  • 56キロ(1-1-1-6)
  • 57キロ(0-0-0-3)
  • 58キロ(0-0-0-1)

斤量には敏感な感じ。


ラストドラフトの好走体重

3着以内の体重は;

  • 454~464キロ

ラストドラフトの血統背景

父はノヴェリスト(傍流・重厚なドイツ血統)

ノヴェリストは欧州で走り、「キングジョージⅥ&クイーンエリザベスステークス 」、「バーデンン大賞」などG1を4勝。主戦場は芝2400m。

母は2011年の「桜花賞馬」マルセリーナで、重賞勝ちは芝2000m(13年「マーメイドS」)まで。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬3冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

ラストドラフトの近走

19/12/7 中日新聞杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:2着(1.59.2 アタマ差)

騎手:マーフィー(55キロ)

中団前あたりの6番手からの競馬。

直線は外に出して残り200m過ぎから一気に抜け出してくる。

これで決まりかと思えたが、サトノガーネットの末脚にアタマ差屈した。

しかし軽ハンデの古馬に混じって大健闘。

ゴール前はソラを使った感じ。

このクラスなら力は上位。

20/1/26 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 稍重 12頭

着順:3着(2.15.5・0.5差)

騎手:マーフィー(55キロ)

2枠2番からスタート五分で中団から。

道中は内の経済コース。

開催最終日で稍重馬場。

ペースも中盤から締まってきて、スタミナ、パワーを要するレースになった。

ラストドラフトは3角過ぎ、勝負どころで外に出して進出を計るが、前にいた馬に故障発生で急ブレーキ、大きく外に振られる不利。

直線は馬場の外目から懸命に追い上げてくるが、前には届かず。

0.5差の3着、あの不利がなければ、勝ち負けだったような感じ。

2020年 アメリカJCC(G2)のラップ分析&回顧

20/3/15 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良

着順:5着(2.02.1・0.5差)

騎手:吉田隼人(56キロ)

道中は中団。

超スローの展開で、4角6番手の外で直線に向くが、前も止まらず5着まで。

位置取りはもう少し前にはならないか?

2020年 金鯱賞(G2)のラップ分析&回顧

20/9/19 ケフェウスS(ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:8着(2.00.0・1.3差)

騎手:川田将雅(57キロ)

6枠12番から先団4番手に取り付くが、道中かかり気味に上がってきたポポカテペトルにペースを乱された感じ。

4角は5番手で直線に向くが、なんとか食い下がれたのは残り200まで。

休み明け、トップハンデの57キロ、そして道中ペースを乱されたハイラップ。

ちょっと流れが向かなかった。

20/11/8 アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:2着(2.31.8・0.2差)

騎手:戸崎圭太(56キロ)

道中は中団。

4角も中団9番手から直線。

直線は馬群の中から残り400mで外に出すと、ジワジワと追い上げて先頭に迫るが2着まで。

勝ったオーソリティーとは斤量差が2キロ。

距離的にはこれくらいの距離の方がペース的にも向いてそう。

2020年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧

21/1/24 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 不良

着順:3着(2.18.0・0.1差)

騎手:三浦皇成(56キロ)

道中は2着のヴェルトライゼンデの後ろあたり。

4角は1、2着馬よりも内目を通って直線に向き、直線はヴェルトライゼンデと馬体を併せて伸びて来たが、2着馬にはクビ差及ばず。

道悪ということもあって、ペース的にはこの馬には合っていた。

道悪を走ったと言うより、スタミナとパワーでもぎ取った3着と言った印象。

2021年 アメリカジョッキーCC(G2)のラップ分析&回顧

21/3/27 日経賞(G2)

中山 芝2500m 良

着順:8着(2.34.2・0.9差)

騎手:三浦皇成(56キロ)

外枠12番から、道中の位置取りは後方13番手。

4角も後方14番手で、コーナーのだいぶ外を膨らんだ格好で直線に向いてくる。

直線は馬群の外を懸命に追い込んでくるが、8着に入るのが精一杯。

今回は位置取りが後ろすぎた。

2021年 日経賞(G2)のラップ分析&回顧

21/10/10 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:13着(1.46.1・1.3差)

騎手:三浦皇成(56キロ)

3枠3番から道中は中団の内、8番手。

4角も8番手の内で直線に向き、馬群の中をまずまずの脚で伸びてはくるが、坂を上って残り200mで急失速。

やはり道中のペースが速くなると脚が最後まで持たない。

東京コースも合わない感じ。

2021年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

21/10/31 天皇賞(秋)(G1)

東京 芝2000m 良

着順:8着(1.58.9・1.0差)

騎手:三浦皇成(58キロ)

道中は中団のやや後ろ、10番手あたり。

4角は11番手で直線に向くが、直線はバテず伸びずの8着まで。

レースの上り33.6秒ではこの馬の出番はない。

2021年 天皇賞(秋)(G1)のラップ分析&回顧

21/12/11 中日新聞杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:9着(2.00.4・0.6差)

騎手:三浦皇成(57キロ)

道中は中団やや後ろ、8~9番手の内あたり。

4角は少し順位を落として、11番手の内目で直線。

直線は馬群の中ほどから追い上げようとするが、進路がなかなか開かない様子。

やっと外が開いて、坂の途中あたりから追い上げに入るが、ときすでに遅し。

スムーズでも掲示板が精一杯か?

いずれにしても位置取りが少し後ろすぎた感じ。

2021年 中日新聞杯(G3)のラップ分析&回顧

22/1/23 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 良

着順:10着(2.13.6・0.9差)

騎手:戸崎圭太(56キロ)

道中は中団7~8番手の外を追走。

4角は先頭を射的圏に入れた6番手で直線に向くが、直線は坂の上りで置いて行かれた。

道中の位置取りとしてはまあまあ良い感じだったが、中距離のこれくらいのペースでも、この馬にとってはきつそう。

過去2年連続で3着に入ったレースだが、今年のペースはその2年とはまったく違った。

2022年 アメリカジョッキーCC(G2)のラップ分析&回顧

22/3/26 日経賞(G2)

中山 芝2500m 稍重

着順:9着(2.36.3・0.9差)

騎手:三浦皇成(56キロ)

道中は後方13~14番手。

4角も後方13番手の大外を回して直線に向くが、直線では良い脚は出せずに9着まで。

ペース的に後ろからでは勝負にならないにしても、もう少し何とかできないものか?

2022年 日経賞(G2)のラップ分析&回顧

次走、新潟大賞典(G3)に向けて

次走は5月8日(日)、新潟競馬場 芝2000m(外)で行われる「新潟大賞典(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

鞍上も含めて、あまり期待はできない。

 

⇒その他、新潟大賞典(G3)の出走馬を分析