2021年11月14日【ユートピアS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ラルナブリラーレの好走パターンを分析。

ラルナブリラーレの距離適性

ラルナブリラーレはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-1-2-2)
  • 芝1800m(3-1-1-3)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

1600m、1800mは問題なし。

2000mは「新馬戦」で一度走ったきり。

持つか持たないかは未知数だが、血統的には持っていい。

ラルナブリラーレの脚質

主に前々にポジションを取って押し切る競馬。

スピードの持続力はそこそこある。

一方で、終いの脚もそこそこ出せるが、オープンクラスでは通用するかどうか?

道中は緩いよりも締まった流れで、上りもあまり速くなりすぎないくらいがよさそう。

ラルナブリラーレのコース適正

ラルナブリラーレの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-1-0-2)
  • 東京(2-0-0-1)
  • 中山(未)
  • 中京(0-0-1-0)
  • 京都(0-0-1-1)
  • 阪神(2-1-1-2)
  • 小倉(未)

ラルナブリラーレの持ち時計(ベストタイム)

ラルナブリラーレの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.2 2着(新潟)
  • 芝1800m:1.45.9 1着(東京)
  • 芝2000m:2.02.5 4着(阪神)

速い時計にもそこそこは対応してきそう。

二千の時計は「新馬戦」のものなので、参考外。

ラルナブリラーレの重馬場適正

ラルナブリラーレの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(2-0-0-0)
  • 不良(0-0-0-1)

重馬場は走る。


ラルナブリラーレの鉄砲実績(休み明け)

ラルナブリラーレの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-1-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-2)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ラルナブリラーレのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-2)
  • 中3~5週(1-1-1-2)
  • 中6~8週(0-0-1-0)

ラルナブリラーレの枠順適正

ラルナブリラーレの馬番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-3)
  • 5~9番(3-1-1-1)
  • 10~14番(1-1-2-2)
  • 15~18番(未)

脚質的にも内枠が良い。

ラルナブリラーレの斤量別着度数

  • 52キロ(1-1-0-0)
  • 53キロ(1-0-1-1)
  • 54キロ(1-1-2-3)
  • 55キロ(1-0-0-2)

ラルナブリラーレの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-2-2)
  • 3~5月(春):(1-1-0-0)
  • 6~8月(夏):(1-1-1-2)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-2)

ラルナブリラーレの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~478キロ

ラルナブリラーレの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系/有馬記念、ドバイシーマクラシック、日本ダービー2着、宝塚記念2着)。

母の父はアルムタワケル(ミスプロ系)。

アルムタワケルは欧州・ドバイ・米国で走り、芝のG1を1勝、ダートのG1を1勝。主要距離は1800~2000m。

次走、愛知杯(G3)に向けて

次走は1月15日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「愛知杯(G3)」。

昇級初戦の重賞挑戦になるが、力はそこそこありそうな馬。

軽ハンデなら面白そう。

馬体細化には注意。

 

⇒その他、2022・愛知杯(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)