2022年11月6日【アルゼンチン共和国杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、コトブキテティスの好走パターンを分析。

コトブキテティスの距離適性

コトブキテティスはこれまでに芝1600m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-1-0)
  • 芝1800m(0-0-1-1)
  • 芝2000m(1-2-1-5)
  • 芝2200m(0-0-1-4)
  • 芝2400m(3-0-0-1)
  • 芝2500m(0-0-0-1)

道中のペースが落ち付きやすい長目の距離が良さそう。

2000mの3着以内はすべて「未勝利戦」。

コトブキテティスの脚質

中団、後方で脚をためて、終いを生かす競馬。

上りのかかる展開で強さを発揮。

現状では、上りのかかる展開からの差し、追い込みが好走パターンだが、中距離などで道中のペースが速くなると終いの脚に響いてくる。

コトブキテティスのコース適正

コトブキテティスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-2)
  • 東京(3-2-3-3)
  • 中山(0-1-1-3)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(未)

東京コースは得意そう。

右回りは(0-1-1-5)。

直線急坂(0-1-1-6)

コトブキテティスの持ち時計(ベストタイム)

コトブキテティスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.8 3着(東京)
  • 芝1800m:1.47.4 4着(東京)
  • 芝2000m:2.00.4 17着(新潟)
  • 芝2200m:2.13.2 13着(阪神)
  • 芝2400m:2.24.9 1着(東京)
  • 芝2500m:2.32.1 12着(東京)

速い時計は不向き。


コトブキテティスの重馬場適正

コトブキテティスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-2)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-1-0)

道悪はこなす。

コトブキテティスの鉄砲実績(休み明け)

コトブキテティスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-3)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

コトブキテティスのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-2-4)
  • 中3~5週(2-0-2-3)
  • 中6~8週(1-2-0-2)

コトブキテティスの枠順適正

コトブキテティスの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-4)
  • 5~9番(0-1-0-2)
  • 10~14番(2-2-3-5)
  • 15~18番(1-0-0-1)

コトブキテティスの斤量別着度数

  • 51キロ(0-0-0-2)
  • 52キロ(1-0-1-1)
  • 53キロ(1-1-1-1)
  • 54キロ(1-2-2-5)
  • 55キロ(1-0-0-2)
  • 56キロ(0-0-0-1)

コトブキテティスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-1-1)
  • 3~5月(春):(1-1-0-3)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-2)
  • 9~11月(秋):(2-1-2-5)

コトブキテティスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 426~444キロ

コトブキテティスの血統背景

父はハービンジャー(ND系デインヒル)。

ハービンジャーは欧州で走り、2010年のキングジョージⅥ世&QES(G1)で勝利。主戦場は芝のクラシックディスタンス。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/NHKマイルC、日本ダービー)。