小倉記念の過去10年、脚質別の特徴

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ   0-  0-  2-  8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
先行   6-  3-  4- 24/ 37 16.2% 24.3% 35.1%
中団   3-  4-  2- 42/ 51 5.9% 13.7% 17.6%
後方   1-  2-  2- 38/ 43 2.3% 7.0% 11.6%
マクリ   0-  1-  0-  1/  2 0.0% 50.0% 50.0%

 

圧倒的に先行有利というデータ。

小倉記念の枠番別の脚質データ(3着以内率)

逃げ 先行 中団 後方 マクリ
1枠  0- 0- 1- 1/ 2  0- 0- 0- 1/ 1  0- 0- 1- 9/10  0- 0- 0- 0/ 0  0- 0- 0- 0/ 0
2枠  0- 0- 0- 2/ 2  0- 0- 1- 2/ 3  1- 0- 0- 4/ 5  0- 0- 1- 3/ 4  0- 0- 0- 0/ 0
3枠  0- 0- 0- 1/ 1  2- 0- 1- 4/ 7  0- 1- 0- 5/ 6  0- 0- 0- 1/ 1  0- 0- 0- 0/ 0
4枠  0- 0- 0- 1/ 1  0- 1- 0- 2/ 3  0- 0- 1- 5/ 6  0- 0- 0- 6/ 6  0- 0- 0- 1/ 1
5枠  0- 0- 0- 0/ 0  0- 0- 1- 1/ 2  0- 2- 0- 4/ 6  0- 1- 0-10/11  0- 0- 0- 0/ 0
6枠  0- 0- 1- 1/ 2  1- 1- 0- 3/ 5  0- 0- 0- 6/ 6  1- 1- 0- 4/ 6  0- 1- 0- 0/ 1
7枠  0- 0- 0- 0/ 0  1- 1- 0- 6/ 8  0- 0- 0- 5/ 5  0- 0- 0- 9/ 9  0- 0- 0- 0/ 0
8枠  0- 0- 0- 2/ 2  2- 0- 1- 5/ 8  2- 1- 0- 4/ 7  0- 0- 1- 5/ 6  0- 0- 0- 0/ 0

 

どの脚質も、枠順に関係なくそこそこ走っている。

枠順にはあまりこだわらなくても良さそう。

小倉記念への臨戦過程、過去10年

着度数順の10レースが次の通り;

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
七夕賞HG3  3- 2- 3-43/51 5.9% 9.8% 15.7%
鳴尾記念G3  3- 0- 0- 2/ 5 60.0% 60.0% 60.0%
新潟大賞HG3  1- 2- 1- 2/ 6 16.7% 50.0% 66.7%
天皇賞春G1  1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
関ケ原S1600  1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
マレーシ1600  1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
中日新聞HG3  0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
巴賞  0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
東京優駿G1  0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
皐月賞G1  0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%

 

出走馬が圧倒的に多い「七夕賞」組だが、勝率、連対率は低い。

一方で、出走数は「七夕賞」のおよそ10分の1なのにも関わらず、勝率、連対率が非常に良いのが「鳴尾記念」、「新潟大賞典」組。

ここに「小倉記念」を読み解くヒントが隠されている。

ここで、前走「鳴尾記念」に出走した馬の、「鳴尾記念」での成績を見てみると;

前入線順位 着別度数
前走1着  1- 0- 0- 0/ 1
前走2着  1- 0- 0- 0/ 1
前走3着  0- 0- 0- 1/ 1
前走4着  0- 0- 0- 0/ 0
前走5着  0- 0- 0- 0/ 0
前走6~9着  0- 0- 0- 1/ 1
前走10着~  1- 0- 0- 0/ 1

 

前走の「鳴尾記念」で連対した馬2頭が、「小倉記念」でも勝ちを収めている。

一方で「新潟大賞典」組はどうか?

前入線順位 着別度数
前走1着  0- 0- 0- 0/ 0
前走2着  0- 0- 0- 0/ 0
前走3着  1- 0- 0- 0/ 1
前走4着  0- 0- 0- 0/ 0
前走5着  0- 0- 0- 0/ 0
前走6~9着  0- 2- 1- 1/ 4
前走10着~  0- 0- 0- 1/ 1

 

こちらは前走の「新潟大賞典」で6着以下に敗れた3頭が、「小倉記念」で馬券に絡んでいる。

つまり、「鳴尾記念」組は、「鳴尾記念」で好走した馬が、そのまま「小倉記念」でも好走し、「新潟大賞典」組は、「新潟大賞典」で凡走した馬が、「小倉記念」では好走している。

ここで、「鳴尾記念」、「新潟大賞典」、「小倉記念」の走破時計とラップの出方を見てみると;

走破タイム 序盤3F 中盤4F 上り3F
鳴尾記念 1.58.98 36.0 48.0 35.0
新潟大賞典 1.58.64 35.9 48.4 34.4
小倉記念 1.57.98 34.7 47.8 35.5

 

「鳴尾記念」は阪神競馬場の内回り芝2000mで行われる重賞で、内回りだけに、比較的持続力勝負になりやすい。

一方で「新潟大賞典」は、新潟の外回り芝2000mで行われる重賞で、新潟コースの長い直線を使う外回りコースだけに、比較的緩い展開で上りの速い瞬発力勝負になりやすい。

そして「小倉記念」は、上り時計が「鳴尾記念」よりもかかってはいるが、走破時計は「鳴尾記念」よりも1秒も速い。

そして脚質は、この記事の一番最初に挙げたデータをみても分かる通り、「先行」が圧倒的に好走している。

つまり「小倉記念」は、「鳴尾記念」以上にSP持続力が求められやすいレースになっている。

程度の差こそあるが、「鳴尾記念」と「小倉記念」はレースの質が同じカテゴリーに入り、「新潟大賞典」は違うカテゴリーに入るということ。

なので、「鳴尾記念」で好走した馬は、「小倉記念」でも好走しやすく、「新潟大賞典」で脚質が合わず勝ち切れなかった馬は、「小倉記念」で巻き返す可能性が高くなる。

サンプル数が少ないので、あくまでも推論だが、決して大きく的の外れた暴論ではないと思う。

まとめ

今年の「小倉記念」は残念なことに、「鳴尾記念」からは1頭、「新潟大賞典」からは出走馬がいない。

しかも前走「鳴尾記念」に出走したサトノルークスは、「鳴尾記念」では1.0差の8着なので、上述の推論には合わないことになる。

ただし、当サイトの競走馬分析で、SP持続力に長けていると思われる馬は以下の通り;

ノーブルマーズ

サマーセント

ランブリングアレー

 

サマーセント、ランブリングアレーは人気しそうなので、ノーブルマーズあたりが面白いかも。