2020年5月16日【京王杯SC】終了時点までのデータをもとに、グルーヴィットの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

グルーヴィットの距離適性

グルーヴィットはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-1)
  • 芝1400m(0-1-1-0)
  • 芝1600m(1-0-0-3)

1200mはG1で4着と、そこそこ走っては来ている。

スプリント系か、マイル系か、適距離はまだ分からない。

グルーヴィットの脚質

中団より前目に張って、最後もスピードを落とさずにそのまま押し切って来るスピード持続型。

後方に控えても脚は出すが、前からの競馬の方が力は出せると思う。

グルーヴィットのコース適正

グルーヴィットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-1-1)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(1-1-0-1)

東京での敗戦は「NHKマイルC」。

0.5差の10着ながら、直線では前が開かない不利もあった。

基本的に左回りの方が走る。

右回りは割引。

グルーヴィットの持ち時計(ベストタイム)

グルーヴィットの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.09.6 6着(中京・0.3差)
  • 芝1400m:1.21.0 2着(中京・0.1差)
  • 芝1600m:1.31.5 11着(中山・1.2差)

まだキャリアは浅いが、速い馬場は今一つか?

グルーヴィットの重馬場適正

グルーヴィットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-1)
  • 重(0-0-0-1)

重は2020年「高松宮記念(G1)」だが、0.3差の6着に入っている。

新馬戦からダートで連勝した馬だけに、道悪は苦にしないのでは。

グルーヴィットの鉄砲実績(休み明け)

グルーヴィットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-2)※ダート戦を含む

特別悪いわけではない。

グルーヴィットの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)、母の父はスペシャルウィーク(サンデー系)。

グルーヴィットの評価

まだまだキャリアが浅いのでなんとも言えないが、芝の左回りなら、オープンクラスでもそこそこやれそう。

課題は上がり時計の速い展開。

グルーヴィットの近走診断

20/3/29 高松宮記念(G1)

中京 芝1200m 重 18頭

着順:6着(1.09.0・0.3差)

騎手:岩田康誠(57キロ)

道中は後方。

4角も14番手で直線に入るが、直線ではジワジワと脚を伸ばして6着に入った。

初めての1200mとしては十分の内容。

道悪も走る。

20/5/16 京王杯SC(G2)

東京 芝1400m 稍重

着順:3着(1.20.1・0.3差)

騎手:M・デムーロ(56キロ)

2枠2番から先団。

ペースはスローで前有利の展開。

直線は追って追って、何とか3着を死守。

レースの上りは33.1秒。

速い上りに課題か?

2020年 京王杯スプリングC(G2)のラップ分析&回顧

グルーヴィットの次走

次走は8月16日、新潟競馬場 芝1600m(外)で行われる「関屋記念(G3)」。

前走G2で3着も、まだどこか信頼が置けない印象。

 

その他、関屋記念の出走馬を分析