2021年4月17日【アーリントンC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、グレイイングリーンの好走パターンを分析。

グレイイングリーンの距離適性

グレイイングリーンはこれまでに芝1400mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(2-0-1-0)
  • 芝1600m(0-0-0-1)

血統背景からは、1400m以上の距離は課題。

グレイイングリーンの脚質

ここ2戦は出遅れているが、終いの脚は確実に繰り出してくる。

捲って行って3着に入る走りも見せており、長く良い脚も期待できそう。

グレイイングリーンのコース適正

グレイイングリーンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(2-0-1-1)
  • 小倉(未)

使われているのは、すべて阪神コース。

グレイイングリーンの持ち時計(ベストタイム)

グレイイングリーンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.5 1着(阪神)
  • 芝1600m:1.36.2 17着(阪神)

1400mは1勝Cの時計で、このクラスとしてはそこそこ優秀。

グレイイングリーンの重馬場適正

グレイイングリーンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

重馬場は「アーリントンC」で大敗。

しかしこの敗因は距離の可能性もある。


グレイイングリーンの鉄砲実績(休み明け)

グレイイングリーンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(未)

叩いてからは;

  • 2戦目(未)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

まだ長期休養は挟んでいない。

グレイイングリーンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(1-0-1-1)

グレイイングリーンの枠順適正

グレイイングリーンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(0-0-1-0)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

グレイイングリーンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

グレイイングリーンの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-1-0)
  • 56キロ(1-0-0-1)

グレイイングリーンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 486~494キロ

グレイイングリーンの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母は芝の短距離重賞で活躍したリトルゲルダ(セントウルS、北九州記念)。

母の父はクロージングアーギュメント(マンノウォー系)。

クロージングアーギュメントは米国で走り、ダートの中距離で活躍(ケンタッキーダービー2着)。

グレイイングリーンの前走

21/4/17 アーリントンC(G3)

阪神 芝1600m(外)重

着順:17着(1.36.2・2.0差)

騎手:岩田望来(56キロ)

大外18番から道中は中団の外。

終始外目を回りながら、4角も中団7番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げを計るが、坂下あたりで失速。

道中終始外々の距離損もあっただろうが、やはり千六は長そう。

2021年 アーリントンカップ(G3)のラップ分析&回顧

次走、NHKマイルC (G1)に向けて

次走は5月9日(日)、東京競馬場 芝1600mで行われる「NHKマイルC(G1)」。

前走は重馬場にしても負け過ぎ。

距離に課題があると思う。

 

その他、NHKマイルC(G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)