2022年5月8日【メトロポリタンS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ゴールドギアの好走パターンを分析。

ゴールドギアの距離適性

ゴールドギアはこれまでに芝1600m~芝3600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-2-4)
  • 芝1800m(1-1-0-3)
  • 芝2000m(1-1-0-6)
  • 芝2200m(0-0-0-4)
  • 芝2400m(2-0-0-1)
  • 芝2500m(0-0-2-2)
  • 芝3000m(0-0-0-1)
  • 芝3600m(0-0-0-1)

ペースが速くなると終いの脚が甘くなるが、緩い流れなら適距離のレンジは結構広いのではないか?

ゴールドギアの脚質

出遅れが多く、スタートが遅い馬だけに、位置取りは後方、もしくは中団の後ろあたり。

しかし終いの脚はそこそこ確実に繰り出してくる。

ただ、ペースが速くなると、その末脚も鈍り勝ち。

芝1800m以上のレースで、前半1000mが60.3秒以下のレースは(0-0-0-10)。

一方で、芝1800m以上のレースで、前半1000mが60.7秒以上になると、その戦績は(4-2-2-9)。

しかし、たとえペースが落ち着いても、上りが速くなると、当然後ろからでは届かないので、なかなか勝ち切れないというジレンマはある。

一方で、オープン昇格までは上りメンバー最速を連発していた末脚も、オープン昇格以降では、上り時計がメンバー最速を記録したのは12鞍中2鞍だけ。

単純に、この馬の末脚がオープンクラスでは通用しなくなったという可能性も十分に考えられる。

ゴールドギアのコース適正

ゴールドギアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-1-0-1)
  • 函館(1-0-0-1)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(0-1-0-1)
  • 東京(3-0-1-10)
  • 中山(1-0-3-8)
  • 中京(0-0-0-1)

関西圏へは行かないようす。

ゴールドギアの持ち時計(ベストタイム)

ゴールドギアの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.4 3着(東京)
  • 芝1800m:1.45.9 8着(東京)
  • 芝2000m:1.58.0 6着(東京)
  • 芝2200m:2.12.6 5着(中山)
  • 芝2400m:2.23.8 1着(東京)
  • 芝2500m:2.30.2 5着(東京)
  • 芝3000m:3.04.9 8着(中京)
  • 芝3600m:3.54.1 11着(中山)

高速決着には向かないだろう。

ゴールドギアの重馬場適正

ゴールドギアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-2)
  • 重(未)
  • 不良(未)

本格的な道悪の経験はまだないが、末脚が削がれる分、プラスには働かないのでは。


ゴールドギアの鉄砲実績(休み明け)

ゴールドギアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-5)
  • 3戦目(1-0-0-3)
  • 4戦目(0-0-1-2)
  • 5戦目~(1-0-1-4)

あまり特徴的なデータはない。

ゴールドギアのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-2-4)
  • 中3~5週(2-1-0-7)
  • 中6~8週(0-0-2-8)

詰めて使ってもそこそこ走る。

ゴールドギアの枠順適正

ゴールドギアの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-3-8)
  • 5~9番(2-1-1-3)
  • 10~14番(1-0-0-10)
  • 15~18番(1-0-0-2)

スタートが遅いので、あまり外枠からだと、出遅れた場合は致命的な差が生まれる。

ゴールドギアの頭数別着度数

ゴールドギアの走りに出走頭数の多い少いは影響しているか?

  • 8頭以下(1-1-0-2)
  • 9~13頭(2-1-3-5)
  • 14頭以上(2-0-1-16)

基本的に最後方近くからの競馬になるので、多頭数だと物理的に届かないことが多い。

ゴールドギアの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-7)
  • 3~5月(春):(2-0-3-6)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-3)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-7)

ゴールドギアの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 53キロ(0-0-0-3)
  • 54キロ(1-1-2-1)
  • 55キロ(2-1-1-8)
  • 56キロ(2-0-0-5)
  • 57キロ(0-0-1-5)

ゴールドギアの連対体重

  • 462~486キロ

ゴールドギアの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母の父ゼンノロブロイ(サンデー系/秋古馬三冠 他)。

次走、目黒記念(G2・ハンデ)に向けて

次走は5月29日(日)、東京競馬場 芝2500mで行われる「目黒記念(G2・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

このクラスの多頭数の競馬になるとちょっと厳しい。

 

⇒その他、目黒記念(G2)の出走馬を分析