2020年11月8日【アルゼンチン共和国杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ゴールドギアの好走パターンを分析。

ゴールドギアの距離適性

ゴールドギアはこれまでに芝1600m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-2-4)
  • 芝1800m(1-1-0-3)
  • 芝2000m(1-1-0-3)
  • 芝2200m(0-0-0-3)
  • 芝2400m(1-0-0-0)
  • 芝2500m(0-0-2-2)

ペースが速くなると終いの脚が甘くなるが、緩い流れなら適距離のレンジは結構広いのではないか?

ゴールドギアの脚質

出遅れが多く、スタートが遅い馬だけに、位置取りは後方、もしくは中団あたり。

しかし終いの脚は確実に繰り出してくる。

ただ、ペースが速くなると、その末脚も鈍り勝ち。

芝1800m以上のレースで、前半1000mが60秒以下のレースは(0-0-0-7)。

一方で、芝1800m以上のレースで、前半1000mが60.7秒以上になると、その戦績は(3-2-2-4)。

しかし、たとえペースが落ち着いても、上りが速くなると、当然後ろからでは届かないので、なかなか勝ち切れないというジレンマがある。

スローペースでなおかつ上りがそこそこかかる、小回りコース、開催後半の馬場あたりが狙い目か?

ゴールドギアのコース適正

ゴールドギアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-1-0-1)
  • 函館(1-0-0-1)
  • 新潟(0-1-0-1)
  • 東京(2-0-1-6)
  • 中山(1-0-3-6)

上りがかかりやすい札幌、函館の洋芝、冬の中山あたりは飛んで来やすい。

ゴールドギアの持ち時計(ベストタイム)

ゴールドギアの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.4 3着(東京)
  • 芝1800m:1.45.9 8着(東京)
  • 芝2000m:1.58.8 5着(中山)
  • 芝2200m:2.12.6 5着(中山)
  • 芝2400m:2.23.8 1着(東京)
  • 芝2500m:2.30.2 5着(東京)

高速決着には向いていないだろう。

ゴールドギアの重馬場適正

ゴールドギアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

本格的な道悪の経験はまだないが、末脚が削がれる分、プラスには働かないのでは。

ゴールドギアの鉄砲実績(休み明け)

ゴールドギアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-3)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-1-0)
  • 5戦目~(1-0-1-4)

あまり特徴的なデータはない。

ローテーション的には、中3~5週が(2-1-0-6)で最も良い。

ゴールドギアの枠順適正

ゴールドギアの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-1-3)
  • 5~9番(1-1-1-1)
  • 10~14番(1-0-0-5)
  • 15~18番(0-0-0-2)

スタートが遅いので、あまり外枠からだと、出遅れた場合は致命的な差が生まれる。

ゴールドギアの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-3)
  • 3~5月(春):(1-0-3-4)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-3)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-5)

ゴールドギアの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 53キロ(0-0-0-3)
  • 54キロ(1-1-2-1)
  • 55キロ(2-1-1-5)
  • 56キロ(1-0-0-2)
  • 57キロ(0-0-1-3)

ゴールドギアの連対体重

  • 462~482キロ

ゴールドギアの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父は2004年の「天皇賞(秋)」「ジャパンカップ」「有馬記念」を勝ったゼンノロブロイ(サンデー系)。

ゴールドギアの近走

20/5/31 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:5着(2.30.2・0.6差)

騎手:三浦皇成(53キロ)

出遅れて後方から。

前半1000mが60秒フラットぐらいで、ゴールドギアにとっては微妙なペース。

直線は内を突いて伸びて来るが、少し窮屈な場面はあったにせよ0.6差の5着まで。

このクラスで掲示板を確保できたのは良かったが、ハンデ53キロを考えるとやはり物足りない。

2020年 目黒記念(G2)のラップ分析&回顧

20/9/6 新潟記念(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m 良

着順:9着(2.00.4・0.5差)

騎手:武藤雅(53キロ)

道中は後方。

各馬が馬場の悪い内目を避けて走る中、ゴールドギアはそんな馬群の外目を追走。

4角は14番手で直線。

後ろからの馬は馬場状態の良い大外へ群がるが、ゴールドギアは距離ロスを考慮してか馬群の中ほどへ進路を取る。

それゆえ自慢の末脚も不発気味。

2020年 新潟記念(G3)のラップ分析&回顧

20/11/8 アルゼンチン共和国杯(G2)

東京 芝2500m 良

着順:9着(2.32.4・0.8差)

騎手:田辺裕信(53キロ)

スタートが遅く最後方あたりから。

4角も16番手で直線に向き、外目に進路を取って追い上げるが、大して良い脚は使えず。

脚質と言うより、まだこのクラスの力はなさそう。

2020年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧

ゴールドギアの次走

次走は12月5日、中山競馬場 芝3600mで行われる「ステイヤーズS(G2)」。

3000m以上は初めての距離。

斤量も3キロ増えて、よほどの適性がない限り好走は難しいだろう。

 

その他、ステイヤーズSの出走馬を分析