2020年5月23日【メイS】終了時点までのデータをもとに、ゴーフォザサミットの好走パターンを分析。

ゴーフォザサミットの距離適性

ゴーフォザサミットはこれまでに芝1800m~芝2500mの距離のレースを使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-4)
  • 芝2000m(1-0-0-6)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(1-0-0-2)
  • 芝2500m(0-0-0-2)

芝1800m(1-0-0-4)

未勝利戦で勝利した他、「共同通信杯(G3)」では0.3差の4着がある。

芝2000m(1-0-0-6)

2歳の500万条件で1勝。その他は札幌で走って着外が2回。

芝2200m(0-0-0-1)

「オールカマー(G2)」に走って0.5差の6着。

芝2400m(1-0-0-2)

3歳時のダービートライアル「青葉賞(G2)」での勝ちがある。

このレースでは、後に「最強の1勝馬」と呼ばれるようになったエタリオウに2馬身つけての圧勝だった。

本番の「日本ダービー(G1)」でも0.4差の7着。このレースは道中で若干の不利があり、それを考慮に入れればなかなか走っている。

芝2500m(0-0-0-2)

「日経賞(G2)」で0.7差の5着、目黒記念(G2)」では0.5差の4着と、ともに掲示板は外していない。

それぞれに、「日経賞」は長期の休み明け、「目黒記念」は57キロのハンデ、と敗因はある程度分かっているので、まともなら勝ち負けできる印象はある。

距離適性の見立て

ベストは芝2400m前後ではないか。

ゴーフォザサミットの脚質

基本的に先団~中団の前にポジションを取って、直線もそのままのスピードを持続させて押し切る競馬が好走パターン。

瞬発力勝負より、スピードの持続性に秀でているスピード持続型

勝負どころでの切れ味はあまり期待できない。

ゴーフォザサミットの持ち時計(ベストタイム)

ゴーフォザサミットの各距離でのベストタイムは次の通り;

  • 芝1800m:1.45.0 7着(0.7差・東京)
  • 芝2000m:1.57.7 11着(1.5差・東京)
  • 芝2200m:2.12.5 6着(0.5差・中山)
  • 芝2400m:2.24.0 7着(0.4差・東京)
  • 芝2500m:2.28.7 4着(0.5差・東京)

芝1800~2400mに速い時計はなく、自己ベストでの着順がどれも良くない。

これはこの馬自身、高速馬場の高速決着が不向きである証拠。

しかし、芝2500mの2.28.7は「目黒記念(G2)」で計時した時計だが、このレースはルックトゥワイスが2.28.2のレコードを出して勝ったレース。

このレースはハンデ戦で;

  • ルックトゥワイス:55キロ
  • ゴーフォザサミット:57キロ

距離が延びれば、高速馬場でもそれなりの対応は見せる。

ゴーフォザサミットのコース適正

ゴーフォザサミットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-3)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(2-0-0-6)
  • 中山(1-0-0-3)
  • 阪神(0-0-0-2)

500キロ前後の大型馬だけに、小回りよりも、広々としたコースの方が戦いやすいだろう。

ゴーフォザサミットの重馬場適正

ゴーフォザサミットの稍重を含む道悪競馬の実績は;

  • 稍重(1-0-0-2)
  • 重(0-0-0-1)

「緩い馬場より良馬場の方が合っている」と言うコメントも出ているだけに、道悪は割り引いた方がいいだろう。

ゴーフォザサミットの鉄砲実績(休み明け)

ゴーフォザサミットの10週以上の休み明けでの実績は次の通り;

  • 10週以上(0-0-0-5)

ゴーフォザサミットの場合、今のところ12戦走って3勝、2~3着は1度もないので、数字にすればどうしてもこういうかたちになってしまうが、それを考慮に入れても、休み明けのレースは割り引いた方がよさそう。

ゴーフォザサミットの近走診断

19/3/23 日経賞(G2)中山芝2500m 稍重

着順:5着(0.7差)騎手:石橋脩(56キロ)

約半年の休養明けで、あまり合っているとは言えない稍重馬場。

これらの悪条件があっても掲示板は外さないのは、底力がある証しかも。

19/5/26 目黒記念(G2)東京芝2500m

着順:4着(0.5差)騎手:石橋脩(57キロ)

有馬記念を勝ったブラストワンピースの59キロに次ぐ57キロのハンデ。

1着馬とは2キロ差、2~3着馬とは3キロのハンデ差があった。

この条件で0.5差の4着なら上出来だろう。

19/8/18 札幌記念(G2)札幌芝2000m

着順:10着(0.9差)騎手:石橋脩(57キロ)

およそ3ヵ月の休み明け。

行きっぷりも悪く最後方からの競馬となる。

終始見せ場なく大敗。しかし上りは3番時計。

休み明けは悪い、次に期待。

19/9/22 オールカマー(G2)中山芝2200m

着順:6着(0.5差)騎手:石橋脩(56キロ)

好位をキープして直線を向いたが、残りあとわずかのところで後続に一気に交わされる。

これは距離云々ではなく「切れ」の問題だろう。

道中のペースが比較的緩かったので、後続に脚を使われてしまった。

もう少し流れていれば・・・というところ。

19/10/27 天皇賞(秋)

東京 芝2000m 良

着順:11着(1.5差)騎手:北村宏司(58キロ)

五分のスタートで中団からの競馬。

元々切れる脚のないこの馬にとって、東京芝2000mの天皇賞はそもそも合っていない印象。

18/8/5 チャレンジカップ(G3) 12頭立て

阪神 芝2000m 良

着順:5着(1.59.3 0.2差)

騎手:北村宏司(56キロ)

後方につけて、内ぴったりで脚を溜めて、上り33.8秒の脚で0.2差の5着に食い込む。

ただ、惜しい競馬というよりなだれ込んだだけ。

見どころはない。

20/2/1  白富士S(L)

東京 芝2000m 良 14頭

着順:4着(1.59.2・0.1差)

騎手:北村宏司(57キロ)

前半が速く、中盤で緩むものの、前へ行った組には厳しい展開。

ゴーフォザサミットはそれでも道中3~4番手から0.1差の4着に粘っている。

上位3頭が別定重量56キロを考えるとまずまずの走りと言っていいだろう。

20/4/19 福島民報杯(L・ハンデ)

福島 芝2000m 重 16頭

着順:13着(2.04.0・2.2差)

騎手:団野大成(57キロ)

道中中団から4角では早くも後退。

重馬場が応えたのだろう。

20/5/23 メイS(オープン・ハンデ)

東京 芝1800m 良 13頭

着順:7着(1.45.0・0.7差)

騎手:M・デムーロ(57キロ)

久々の1800mではやはり先手が取れない。

序盤は後方10番手で、ジワジワと順位を上げて直線に向くが、直線の入り口では中団7番手ぐらい。

しかし、この位置取りからでは脚がない分どうにもならない。

ゴーフォザサミットの次走

次走は東京競馬場 芝1800mで行われる「エプソムC(G3)」。

前走と同じ1800mの距離だが、やはりこの距離はこの馬にとってはちょっと忙しいと思う。