2021年1月16日【日経新春杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、エフェクトオンの好走パターンを分析。

エフェクトオンの距離適性

エフェクトオンはこれまでに芝1800m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-2)
  • 芝2200m(1-0-0-3)
  • 芝2400m(2-0-1-1)
  • 芝2500m(0-0-2-2)
  • 芝2600m(0-2-0-0)

2400m以上の距離では掲示板を外したことはない。

中距離よりも、長めの距離の方が戦いやすそう。

中距離でも、タフな流れ、展開になれば浮上してくる。

エフェクトオンの脚質

中団~後方で脚をためて、終いを生かす競馬。

終いはそこそこ確実に繰り出してくるが、上りの速い競馬より、上りはそこそこかかって欲しい。

この馬の終いの脚は、「中距離のキレる末脚」とは違い、「長距離のしぶとい末脚」と言った感じ。

なので、長目の距離でも、ドスローの終い勝負には向かないと思う。

反面、中距離でも長距離でも、持久戦や消耗戦になれば、OPクラスでもそこそこ走ってきそう。

エフェクトオンのコース適正

エフェクトオンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(1-3-0-1)
  • 新潟(2-0-0-1)
  • 東京(0-0-1-2)
  • 中山(1-0-2-4)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

コーナー2つのワンターンのコースはここまでで2鞍だけ。結果は(0-0-0-2)。

また、最後の直線、坂の有り無しでは;

  • 直線平坦(3-3-0-2)
  • 直線坂(1-0-3-8)

ローカルの小回りは強いというデータ。

エフェクトオンの持ち時計(ベストタイム)

エフェクトオンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.51.2 9着(東京)
  • 芝2000m:1.58.9 8着(新潟)
  • 芝2200m:2.12.4 4着(中京)
  • 芝2400m:2.25.0 3着(東京)
  • 芝2500m:2.34.0 4着(中山)
  • 芝2600m:2.40.9 2着(福島)

高速決着には向きそうな感じではない。

エフェクトオンの重馬場適正

エフェクトオンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-1)
  • 重(0-1-0-0)
  • 不良(未)

道悪は走る。


エフェクトオンの鉄砲実績(休み明け)

エフェクトオンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-1-3)
  • 3戦目(1-1-0-1)
  • 4戦目(1-1-0-0)
  • 5戦目~(1-0-1-2)

エフェクトオンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-0)
  • 中3~5週(1-1-1-3)
  • 中6~8週(1-2-1-3)

エフェクトオンの枠順適正

エフェクトオンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-1-2)
  • 5~9番(2-1-2-4)
  • 10~14番(0-1-0-4)
  • 15~18番(未)

エフェクトオンの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-3)
  • 54キロ(2-1-1-1)
  • 55キロ(0-0-0-1)
  • 56キロ(1-2-0-2)
  • 57キロ(1-0-2-3)

エフェクトオンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-3)
  • 3~5月(春):(1-0-1-4)
  • 6~8月(夏):(2-2-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-1-2-3)

夏男。


エフェクトオンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 436~450キロ

エフェクトオンの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))。

母のオヴァンボクイーンは2012年のドイツのG1「バーデン大賞(芝2400m)」2着馬。

父はカラトス(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

カラトスは欧州で走り、芝のマイル、中距離で活躍。

次走、日経賞(G2)に向けて

次走は3月26日(土)、中山競馬場 芝2500m で行われる「日経賞(G2)」。

2400m以上では掲示板を外したことのない馬だが、2400m以上の重賞は初めて。

様子見が妥当か。

 

⇒その他、日経賞(G2)の出走馬を分析