2022年3月27日【御堂筋S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ダンディズムの好走パターンを分析。

ダンディズムの距離適性

ダンディズムはこれまでに芝1800m~芝3200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-1-1-1)
  • 芝2000m(1-1-1-3)
  • 芝2200m(2-3-0-2)
  • 芝2400m(1-1-0-1)
  • 芝3200m(0-0-0-1)

2400m前後までなら大丈夫そう。

3200mは長かった。

ダンディズムの脚質

ほとんどのレースで最後方近くから終いを生かす競馬。

終いの脚はそこそこ確実なので、届けば上位に食い込んで来る。

位置取りをもう少し前目にすればいいとは思うが、この馬、13頭以上になると、未勝利で2着が2回あるだけの(0-2-0-7)。

おそらく道中で馬群の中にいるとストレスが溜まる馬なのだろう。

なので、最後方近くでのんびり追走するしか手はない。

多頭数の最後方から食い込んでくるだけのキレはないので、狙い目は12頭以下のレース。

14頭以下になると(4-4-2-1)でかなり堅実に走ってくる。

馬券圏内を外したのは3200mの「松籟S」だけなので、適距離内ならまだ底を見せていない。

この走りがOPクラスでも通用するかどうかは微妙。

ダンディズムのコース適正

ダンディズムの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-1-0-1)
  • 東京(未)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-2-0-3)
  • 京都(0-1-0-1)
  • 阪神(1-2-1-1)
  • 小倉(1-0-1-1)

ダンディズムの持ち時計(ベストタイム)

ダンディズムの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.4 3着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.1 1着(小倉)
  • 芝2200m:2.13.8 1着(中京)
  • 芝2400m:2.25.2 5着(新潟)
  • 芝3200m:3.20.9 7着(阪神)

脚質が脚質なだけに、スピード勝負ではどうか。

ダンディズムの重馬場適正

ダンディズムの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-1-1-1)
  • 重(0-1-0-0)
  • 不良(未)

道悪はそこそここなしそう。


ダンディズムの鉄砲実績(休み明け)

ダンディズムの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-2-0-1)
  • 3戦目(1-1-1-0)
  • 4戦目(0-1-0-1)
  • 5戦目~(1-0-0-3)

ダンディズムのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-4-1-4)
  • 中3~5週(2-1-0-2)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

ダンディズムの枠順適正

ダンディズムの馬番別着度数は;

  • 1~4番(0-2-1-3)
  • 5~9番(3-4-1-2)
  • 10~14番(1-0-0-3)
  • 15~18番(未)

ダンディズムの頭数別着度数

ダンディズムの走りに出走頭数の多い少いは影響しているか?

  • 8頭以下(0-1-0-0)
  • 9~13頭(4-3-2-1)
  • 14頭以上(0-2-0-7)

詳細は「脚質」の項で書いた通り。

ダンディズムの斤量別着度数

  • 55キロ(0-0-0-1)
  • 56キロ(0-3-0-3)
  • 57キロ(4-3-2-4)

ダンディズムの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-5)
  • 3~5月(春):(1-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-1-2-2)
  • 9~11月(秋):(1-4-0-0)

ダンディズムの好走体重

3着以内の体重は;

  • 464~486キロ

ダンディズムの血統背景

父はマンハッタンカフェ(サンデー系/菊花賞、有馬記念、春天)。

母の父はシングスピール(ND系サドラーズウェルズ)。

シングスピールはシングスピールは欧州で走り、芝のG1を4勝。主要距離は芝の2000~2400m。

次走、目黒記念(G2・ハンデ)に向けて

次走は5月29日(日)、東京競馬場 芝2500mで行われる「目黒記念(G2・ハンデ)」。

ハンデは54キロ。

18頭立てのレースでは厳しそう。

 

⇒その他、目黒記念(G2)の出走馬を分析