2020年8月23日【札幌記念】終了時点までのデータをもとに、カウディーリョの好走パターンを分析。

カウディーリョの距離適性

カウディーリョはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(2-0-0-2)
  • 芝2200m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(0-0-0-2)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

現状では2000mを含めて前後200mが守備範囲。

カウディーリョの脚質

前からでも後ろからでも結果は出しているが、末脚はそれほど切れそうにない。

逃げ切り勝ちもあるように、前々で押し切る持続力勝負の競馬が合ってそうだが、勝ち上がりはいずれも緩い流れ。

今後OPクラスのペースに慣れて行けるか否かが課題。

カウディーリョのコース適正

カウディーリョの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(2-0-0-1)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-3)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 小倉(1-0-0-0)

東京では3敗しているが、惜しい競馬もある。

左回りがダメと言うわけではない。

しかしどちらかと言えば、小回りコースの方が合ってそう。

カウディーリョの持ち時計(ベストタイム)

カウディーリョの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.4 7着(東京)
  • 芝1800m:1.49.4 7着(東京)
  • 芝2000m:1.59.9 1着(小倉)
  • 芝2200m:2.14.4 1着(中山)
  • 芝2400m:2.25.9 4着(東京)
  • 芝3000m:3.06.6 8着(京都)

1着している小倉と中山はどちらも冬の馬場。

このデータだけを見る限りでは、高速馬場への対応力は期待薄。


カウディーリョの重馬場適正

カウディーリョの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)

本格的な道悪はまだ未経験だが、雰囲気的には走ってきそう。

カウディーリョの枠順適正

カウディーリョの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(0-0-0-3)
  • 10~14番(3-0-0-2)
  • 15~18番(未)

外枠の方が良いデータだが、これはおそらくたまたま。

もう少し経過を見た方が良い。

カウディーリョの鉄砲実績(休み明け)

カウディーリョの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)

基本的に長期休養の多い馬。

そんなに詰めては使えないようなので、休み明けで出て来た時が狙い目だろう。

カウディーリョの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-2)

寒さ、暑さは関係ない。

カウディーリョの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-0-0)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(2-0-0-2)
  • 57キロ(0-0-0-2)

カウディーリョの適正体重

連対体重は444~458キロ。

440キロを切るようだと要注意。

カウディーリョの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/NHKマイルC、日本ダービー、神戸新聞杯、毎日杯)。

母は中央で牝馬重賞を3勝(主に中距離)しているディアデラノビア、その父はサンデーサイレンス

半兄に2019年の京都大賞典(G2・京都芝2400m)の勝ち馬ドレッドノータス(父はハービンジャー)。

全姉に2014年のマーメイドS(G3・阪神芝2000m)、府中牝馬S(東京・芝1800m)、2015年の愛知杯(中京・芝2000m)を勝ったディアデラマドレ。

次走、七夕賞(G3・ハンデ)に向けて

次走は7月11日(日)、福島競馬場 芝2000mで行われる「七夕賞(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

およそ1年ぶりの実戦となる。

とりあえずは様子見。

 

⇒その他、2021・七夕賞(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)