2022年9月11日【セントウルS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ボンボヤージの好走パターンを分析。

ボンボヤージの距離適性

ボンボヤージはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(6-1-0-8)
  • 芝1400m(0-0-0-5)
  • 芝1600m(0-0-0-1)

現状では千二に良績が集中しているが、千四がすべて完敗と言うわけではない。

ボンボヤージの脚質

先行押し切り、差しに回っても競馬はできる。

現状では好走パターンが「千二・良馬場・直線平坦」に限られている。

ボンボヤージのコース適正

ボンボヤージの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-0-0-2)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(2-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-4)
  • 小倉(3-1-0-2)

小倉巧者。

ボンボヤージの持ち時計(ベストタイム)

ボンボヤージの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.06.9 1着(小倉)
  • 芝1400m:1.21.7 5着(京都)
  • 芝1600m:1.35.3 10着(阪神)

千二の時計はまずまず。

ボンボヤージの重馬場適正

ボンボヤージの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-5)
  • 重(未)
  • 不良(未)

稍重だけのデータだが、道悪は苦手っぽい。


ボンボヤージの鉄砲実績(休み明け)

ボンボヤージの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-4)
  • 3戦目(2-0-0-2)
  • 4戦目(0-0-0-2)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

ボンボヤージのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-0-6)
  • 中3~5週(2-0-0-4)
  • 中6~8週(未)

ボンボヤージの枠順適正

ボンボヤージの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-2)
  • 5~9番(2-0-0-4)
  • 10~14番(1-0-0-3)
  • 15~18番(1-0-0-5)

ボンボヤージの斤量別着度数

  • 51キロ(1-0-0-0)
  • 52キロ(1-0-0-4)
  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(1-1-0-8)
  • 55キロ(2-0-0-0)

ボンボヤージの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-3)
  • 3~5月(春):(1-0-0-4)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-5)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-3)

ボンボヤージの好走体重

3着以内の体重は;

  • 420~446キロ

ボンボヤージの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))。

全兄にファンタジスト(小倉2歳S、京王杯2歳S、スプリングS2着、セントウルS2着)。

ボンボヤージの前走

22/8/21 北九州記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 良

着順:1着(1.06.9・-0.2差)

騎手:川須栄彦(51キロ)

【レース前寸評】

小倉1200mとの相性は良いだけに、51キロのハンデなら、気持ち悪い側面はある。

【結果】

道中は中団、7番手の最内を追走。

4角は5番手の最内で直線に向くと、直線は馬場の内目からスルスルと伸びて、残り200mを超えて先頭に立つと、そのまま押し切ってゴール。

道中最内の経済コース、それに加えて軽ハンデ51キロなら、相性の良い小倉千二なら走ってくる。

2022年 北九州記念(G3)のラップ分析&回顧

22/9/11 セントウルS(G2)

中京 芝1200m 良

着順:10着(1.07.5・1.3差)

騎手:川須栄彦(54キロ)

【レース前寸評】

斤量の恩恵もなくなり、直線は急坂のある中京コース。ここは厳しい。

【結果】

道中は先団3番手。

4角も3番手で直線に向くが、直線は坂を上りきったあたりで一杯かげん。

やはりこの馬、坂の上りはきつそう。

2022年 セントウルS(G2)のラップ分析&回顧