2022年2月12日【洛陽S】終了時点までのデータをもとに、ベステンダンクの好走パターンを分析。(障害競争は除く)

ベステンダンクの距離適性

ベステンダンクはこれまでに芝1200m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-2)
  • 芝1400m(2-1-0-8)
  • 芝1600m(4-6-3-15)
  • 芝1800m(1-2-0-6)
  • 芝2000m(0-0-0-3)

ベストは1600m。前後200mは守備範囲だが、1800mはギリギリか。

ベステンダンクの脚質

前につけてしぶとい競馬。

状況に応じて逃げることもあるが、逃げても好走歴はある。

そこそこ速い流れでもバテずにスピードを維持できるSP持続型。

ただ、良績は開催前半やコース替わりで日が浅い馬場状態に集中。荒れた馬場は走りにくそう。

あと、切れる脚はないので、位置取りが中団以下になると厳しい。

年齢を重ねた現在では、スローの前残りか、上りのかかる消耗戦での食い込みくらいが激走パターンか?

ベステンダンクのコース適正

ベステンダンクの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(0-0-0-2)
  • 中山(0-0-0-6)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(5-6-2-8)
  • 阪神(2-2-1-16)
  • 小倉(0-1-0-1)

長距離輸送では体重を大きく減らすことがある。

関東方面ではまったく結果が出ていない。

逆に関西圏なら、適条件さえ満たせば凡走は少ない馬だった。

年齢を重ねた現在でも、京都、阪神開催なら、「忘れたころの激走」があるかもしれない。

ベステンダンクの持ち時計(ベストタイム)

ベステンダンクの1600m、1800mでの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.3 1着(阪神)
  • 芝1600m:1.31.9 1着(阪神)
  • 芝1800m:1.45.1 4着(京都)

そこそこのスピード勝負は対応できていたが、現在はどうか?


ベステンダンクの重馬場適正

ベステンダンクの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(3-0-1-3)
  • 重(1-0-0-3)
  • 不良(未)

適条件なら道悪でも走るが、ぐちゃぐちゃ凸凹の道悪は良くない。

ベステンダンクの枠順適正

ベステンダンクの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-4-1-9)
  • 5~9番(4-4-2-15)
  • 10~14番(1-0-0-8)
  • 15~18番(0-1-0-2)

前につけて持ち味を発揮する馬なので、枠順は内目、最低でも中ほど。

極端な外枠はNG。

ベステンダンクの鉄砲実績(休み明け)

ベステンダンクの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-4-1-8)

叩き2走目が;

  • 2戦目(2-2-0-10)

フレッシュな状態がねらい目。

ローテーションは中2週が(3-1-2-8)。

詰めて使う分には問題はない。

ベステンダンクの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-1-10)
  • 3~5月(春):(3-2-1-5)
  • 6~8月(夏):(2-1-0-7)
  • 9~11月(秋):(1-4-1-14)

ベステンダンクの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(0-0-0-2)
  • 55キロ(1-1-1-3)
  • 56キロ(4-4-2-15)
  • 57キロ(1-4-0-10)
  • 58キロ(1-0-0-0)
  • 59キロ(0-0-0-3)

ベステンダンクの好走体重

3着以内の体重は;

  • 480~520キロ

ベステンダンクの血統背景

父はタイキシャトル(ヘイロー系/マイルCS,スプリンターズS、安田記念、ジャック・ル・マロワ賞)。

母は中央の中距離で4勝のユキノマーメイド

その父がスペシャルウィーク(サンデー系/日本ダービー、春天、秋天、ジャパンカップ)。

次走、マイラーズカップ(G2)に向けて

次走は4月24日(日)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「マイラーズカップ(G2)」。

一作年はスローの前残りで0.3差の2着に入った。

前には行ける馬なので、ペースが緩めばそういうこともあり得る。

 

⇒その他、読売マイラーズカップ(G2)の出走馬を分析