2020年7月26日【アイビスSD】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ビリーバーの好走パターンを分析。

ビリーバーの距離適性

ビリーバーはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(0-0-1-0)
  • 芝1200m(4-3-5-12)
  • 芝1400m(0-0-3-3)

ベストは芝1200m。

ビリーバーの脚質

道中中団あたりから、終いを生かす競馬が主。

出遅れの多い馬なので、そうなると位置取りが後ろになり、差し届かないケースも多い。

キレ味と言う点ではひと息なので、軽い芝よりは重い芝、上がりもかかった方がありがたい。

ビリーバーのコース適正

ビリーバーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(1-0-0-1)
  • 福島(1-0-2-1)
  • 新潟(1-1-1-0)
  • 東京(0-0-3-2)
  • 中山(1-2-2-7)
  • 中京(0-0-1-1)
  • 京都(0-0-0-2)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(未)

関西への長距離輸送に難がある印象。

ビリーバーの持ち時計(ベストタイム)

ビリーバーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1000m:0.54.5 3着(新潟)
  • 芝1200m:1.08.0 6着(函館)
  • 芝1400m:1.20.1 7着(東京)

芝1200mでは、1分8秒を切ってくるような展開では厳しい。

ビリーバーの重馬場適正

ビリーバーは稍重も含めた道悪競馬の経験はまだない。

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(未)

ビリーバーの枠順適正

ビリーバーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-3-3)
  • 5~9番(1-2-3-4)
  • 10~14番(2-0-2-7)
  • 15~18番(0-0-1-1)

ビリーバーの鉄砲実績(休み明け)

ビリーバーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-2)
  • 3戦目(0-1-0-2)
  • 4戦目(0-0-1-2)
  • 5戦目~(3-2-5-6)

基本的に長期休養の少ない馬。

使いつつ良くなって行く。

ビリーバーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-7)
  • 3~5月(春):(1-1-5-3)
  • 6~8月(夏):(2-0-4-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-0-4)

春から夏にかけて調子を出してくる傾向。

ビリーバーの斤量別着度数

  • ~52キロ(0-1-1-1)
  • 52.5~54キロ(2-1-4-13)
  • 54.5~56キロ(2-1-4-1)※すべて55キロ
  • 57キロ~(未)

ビリーバーの連対体重

  • 440~464キロ

ビリーバーの血統背景

父はモンテロッソ(ミスプロ系)、母の父はネオユニヴァース(サンデー系)。

父は欧州、ドバイで走り2012年の「ドバイワールドカップ(G1・AW2000m)」で優勝。その他芝の中距離路線(2000~2400m)で活躍。

ビリーバーの次走

次走は8月30日、札幌競馬場 芝1200mで行われる「キーンランドC(G3)」。

前走は「アイビスSD」で3着。

このレースは、前走「アイビスSD」組の好走が目立つ上に、差し馬にも十分にチャンスがある。

展開次第では面白い一頭。

 

その他、キーンランドカップの出走馬を分析