2021年4月25日【マイラーズC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アルジャンナの好走パターンを分析。

アルジャンナの距離適性

アルジャンナはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-0-1)
  • 芝1800m(0-2-1-0)
  • 芝2000m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

適距離は中距離あたり、マイルの距離も走れなくはなさそう。

2400mは長かった。

アルジャンナの脚質

中団あたりに控えて、終いを生かす競馬。

終いは確実で、締まった流れにも対応できる。

位置取りがあまり後ろにならないので、適条件なら戦績は安定しそう。

アルジャンナのコース適正

アルジャンナの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-1-0-1)
  • 京都(0-0-1-0)
  • 阪神(1-2-0-1)

アルジャンナの持ち時計(ベストタイム)

アルジャンナの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.31.6 2着(阪神)
  • 芝1800m:1.45.3 2着(東京)
  • 芝2000m:2.04.4 1着(東京)
  • 芝2400m:2.26.3 18着(東京)

この先時計が更新されて行く余地は十分ある。

アルジャンナの重馬場適正

アルジャンナの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

アルジャンナの鉄砲実績(休み明け)

アルジャンナの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-2-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

アルジャンナのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(0-1-0-1)

アルジャンナの枠順適正

アルジャンナの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-2)
  • 5~9番(0-2-1-0)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(未)

アルジャンナの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-1-1)
  • 3~5月(春):(0-2-0-1)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-0)

アルジャンナの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(0-1-0-1)
  • 56キロ(0-2-1-0)
  • 57キロ(0-0-0-1)

アルジャンナの好走体重

3着以内の体重は;

  • 456~466キロ

アルジャンナの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はティズワンダフル(マンノウォー系)。

ティズワンダフルは米国で走り、ダートの中距離で活躍。

アルジャンナのここまでの走り

19/9/8 2歳新馬 5頭立て

阪神 芝2000m 良

着順:1着(2.04.4 -0.2差)

騎手:川田将雅(54キロ)

もさっとしたスタートから序盤は掛かり気味で最後方から。

道中は落ち着きを取り戻して、向う正面中ほどから順位をジワジワと押し上げる。

4角は全馬一団となって、アルジャンナは大外から直線へ。

直線はおそらくノーステッキの馬なり状態で、残り200mから後続を突き放してゴール。

自身の上りは33.6秒。

同コース同時期の新馬戦の平均を見てもかなり緩いペース。

19/11/16 東スポ杯2歳S 7頭立て

東京 芝1800m 良

着順:2着(1.45.3 0.8差)

騎手:川田将雅(55キロ)

後方で折り合って直線も33.6秒の脚で追い上げるが、勝った相手が強すぎた。

道中は終始締まったペースで、アルジャンナの上り時計や走破時計も、同レースの過去の平均と比べても優秀の部類。

20/2/9 きさらぎ賞(G3)

京都 芝1800m 良 8頭

着順:3着(1.48.4・0.1差)

騎手:川田将雅(56キロ)

大外8番から中団の少しうしろあたりを追走。

道中は前半1000mが62.0秒の緩い流れ。

4角を5番手で回って直線に入り追い出すが、先頭との差がなかなか詰まらない。

ゴール前で少し迫ったものの先頭にはおよそ1馬身届かずの3着。

上りは最速の33.7秒を出してはいるが、少し物足りない内容。

2020年 きさらぎ賞(G3)のラップ分析&回顧

20/3/28 毎日杯(G3)

阪神 芝1800m(外)稍重 10頭

着順:2着(1.48.0・0.1差)

騎手:ヒューイットソン(56キロ)

馬場は稍重でもかなり緩そう。

アルジャンナは道中は中団7番手あたり。

3角を過ぎてジワジワと進出し、4角4番手で直線。

直線は鋭い伸び脚を見せるが、内からサトノインプレッサに並びかけられる。

しばし抵抗するものの、ゴール前3/4馬身離されて2着。

道中、稍重にしては締まったペースで流れ、レースの上りは36.2秒を要している。

3着馬には2馬身半つけているので、力のあるところは示しているが、いつももうひと押しが足りない。

2020年 毎日杯(G3)のラップ分析&回顧

20/5/31 日本ダービー(G1)

東京 芝2400m 良

着順:18着(2.26.3・2.2差)

騎手:浜中俊(57キロ)

道中は中団の内、8番手あたり。

4角も中団8番手の内で直線に向くが、坂の途中で脚色が鈍くなる。

2400mは長そう。

2020年 東京優駿(日本ダービー)のラップ分析&回顧

21/2/13 洛陽S(L・ハンデ)

阪神 芝1600m(外)良

着順:5着(1.35.4・0.2差)

騎手:川田将雅(0.2差)

膝の手術明けで、約8ヵ月ぶりの競馬。

道中は中団のやや後ろ、4角は中団5番手の外で直線。

直線は馬群の外目を追い上げるが、前がまったく止まらずに5着まで。

前半800mが50.3秒の超スロー。

これでは前は捕まらない。

手術明けを考えれば及第点の内容ではないか。

21/4/25 マイラーズC(G2)

阪神 芝1600m(外)良

着順:2着(1.31.6・0.2差)

騎手:福永祐一(56キロ)

道中は中団の後ろ10番手、勝ったケイデンスコールの後ろあたり。

4角も10番手で、直線はケイデンスコールの直後から一緒に伸びて来た感じ。

この馬も終いは確実。

直線内にモタれるのを修正しながら追っていた、と言うコメントが出ているあたり、まだまだ良くなりそうな雰囲気はある。

2021年 読売マイラーズカップ(G2)のラップ分析&回顧

次走、エプソムカップに向けて

次走は6月13日(日)、東京競馬場 芝1800mで行われる「エプソムC(G3)」。

距離、コースともに適条件の範囲内。

良い勝負をしてきそう。

 

その他、エプソムカップ(G3)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)