エアサージュのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

エアサージュの近走

21/8/8 3歳1勝クラス

函館 芝2000m 良

着順:1着(2.01.7・-0.3差)

騎手:ルメール(54キロ)

5枠9番からハナへ。

中盤はそこそこ速いラップで逃げる。

4角も先頭で、後続に2~3馬身の差をつけて直線。

直線も脚色は衰えず、後続との差を保ったままゴール。

道中競られる場面もありながらこの完勝。

ただ、上りは37.0秒を要しており、良い差し脚を持った馬がいなかったことも事実。

走破時計は「並」。

21/8/21 札幌日刊S杯(2勝C・ハンデ)

札幌 芝2600m 良

着順:1着(2.41.0・ハナ差)

騎手:池添謙一(53キロ)

3枠4番からハナへ。

中盤はかなり緩いラップで逃げ、4角も先頭で、後続に1馬身の差をつけて直線。

直線も内ラチ沿いを軽快に逃げるが、外からフォーラウェイの強襲。

しかしゴール前粘りを見せてハナ差凌いでのゴール。

軽ハンデのスローの逃げ。

これこそまんまの逃げ切り。


エアサージュの脚質

逃げ、先行脚質。

確実に先手が取れる強みはある。

ペースがそこそこ流れても押し切るだけのSP持続力はありそう。

エアサージュの血統背景

エアサージュは外国産馬。

父はポイントオブエントリー(ロベルト系)。

ポイントオブエントリーは米国で走り、芝のG1を5勝。主戦場は芝の9~12F(1800~2400m)。

母の父はエンパイアメーカー (ミスプロ系ファピアノ)。

エンパイアメーカー は米国で走り、ダートG1を3勝。主戦場はダートの9~12F(1800~2400m)。

母方の4代前、Ballade(バラード)を祖とするラインは、多くの重賞勝ち馬を輩出した名門牝系。

近親にはシュヴァルグラン(ジャパンカップ)、ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル連覇)、ダノンバラード(ラジオNIKKEI杯2歳S、アメリカJCC)など。

次走、菊花賞(G1)に向けて

次走は10月24日(日)、阪神競馬場 芝3000m(内)で行われる「菊花賞(G1)」。

先行力は大きな武器だが、キャリア4戦での「菊花賞」は、ちょっと荷が重そう。

 

⇒その他、2021・菊花賞(G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)